木曜日

平成30年8月9日 (木) 有本香 × 竹田恒泰

平成30年8月9日 (木) 有本香 × 竹田恒泰

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

新天皇即位後に元号発表 自民保守系 菅氏に要請

改元は新天皇の大事なお仕事

本来であれば改元は天皇が崩御された後に行われることです。

そのため、昭和の最後の方に天皇陛下が体調を崩されていた時だとして、新しい元号について話すことさえ不謹慎なことでした。

しかし、今回は新天皇の即位は、崩御ではなく譲位として行われます。

譲位による新天皇即位は第119代光格天皇以来になります。

【光格天皇の在位期間】
旧和暦:安永8年11月25日 ~ 文化14年3月22日
新グレゴリオ西暦:1780年1月1日 ~ 1817年5月7日

竹田恒泰さん
竹田恒泰さん
元号の改元に際して起こる、国民の生活の考慮は一切しないくていい。

 

そもそも、国民が天皇を守ってきた

改元に関して「国民への負担」などのフレーズは使わない方がいいと考えられます。

何から何まで便利にするため合理化するものではありません。

もっと合理化を図るのであれば、元号を無くし西暦だけにした方がいいということになります。

究極には天皇を無くせばいいなどの話にまで発展しかねません。

日本の天皇は国民が支えてきた結果、2018年続いてきたのであって何も天皇が国民に何かを負担させていたわけではありません。

「天皇制存続」=「保守」ではない

この共同通信の記事はいかにも誤解を招くような書き方がされています。

それは「保守色が強い自民党議員」という書き方です。

何も、保守色が強いからこのような話が出てきているわけではありません。

あくまで日本の伝統に則ってやるにはどうすればいいのか、問題意識を持っている普通の議員の人たちなだけです。



「何としても日朝会談を」曽我さん訴え 拉致40年

拉致被害者が望んでいることを、全員の一括帰国である

拉致被害者を取り戻す前に日朝国交正常化をするべきだとの意見は、拉致被害者にとって迷惑行為でしかりません。

日朝会談と言っても、何が何でも会談してほしいのではなく、成果が見えてから会談に臨んでほしいと言うのが被害者の考えで、わざわざ要望までしている。

有本香さん
有本香さん
実は、短い手紙ですが、曽我ひとみさんとは短い手紙をやり取りしたことがあります。

 

ポイントは9月にウラジオストックで行われる東宝経済フォーラム

6月27日に9月11~13日にロシアのウラジオストクで第4回東方経済フォーラムが開催されることが決まりました。 

正式に招待されているのは以下4カ国の代表が正式に招待されています。

  1. ロシアからプーチン大統領
  2. 日本から安倍総理大臣
  3. 中国から習近平 国家主席
  4. 北朝鮮から金正恩 朝鮮労働党委員長

このタイミングで日朝間で何かの動きがあると考えられています。

日本と北朝鮮は何といっても拉致が問題

国際オリンピック委員会 (IOC) (International Olympic Committee) の会長であるトーマス・ (Thomas) バッハ (Bach) 氏は北朝鮮の平壌に向かい、2020年の東京オリンピックへの参加打診などの話もあったようです。

しかし、森喜朗 大会組織委員会会長は現在の日本人の感情からは、非常に受け入れがたいと言って苦言を呈しています。

いくら、北朝鮮の選手に罪はないかもしれませんが、開催国の日本として立場があります。


9日は長崎「原爆の日」投下から73年

長崎原爆の意味

 

1945年 (昭和20年) 8月9日11時2分

長崎市への原子爆弾投下

日本でアメリカから2発の原子爆弾が落とされました。

・広島の原子爆弾はウラン型で『リトル (Little) ボーイ ( Boy )

・長崎の原子爆弾はプロトニウム型で『ファット (Fat) マン (Man)

よく、過去を振り返る時、当時アメリカのハリー・ (Harry) S・ (S.)  トルーマン (Truman) 大統領が、一発目の広島で日本が降参しないから断腸の思いで二発目の長崎を投下したといわれますが、まったくの嘘です。

なぜなら、二発投下することは同時に決定されたことで、種類が違う原爆の効果を調べたかっただけです。

しかも「一発なら不十分、二発で必要十分である」と分析された痕跡がありません。

なぜなら、当時のアメリカは三発目をただ持っていなかっただけなのですから。

日本がポツダム宣言を受諾した契機

 

1945年 (昭和20年) 8月15日

ポツダム宣言を受諾し日本の無条件降伏

 

今まで、歴史学者の中でもポツダム宣言を受諾したきっかけになったことは何なのかいろいろと議論がありました。

それが、まったく同じ8月9日に行われた次の2つの出来事のどちらだったのかということです。

しかし、これは昭和天皇実録が公開されてソ連対日参戦がポツダム宣言受諾の決め手になったことが明らかになりました。

一番の主戦派だった陸軍作戦本部がソ連の参戦を知って、もはや作戦を立てることさえできないと断念しました。

 日本が降伏しないのをわかっていた

終戦時期は日本では66カ所の地域が壊滅状態になっていました。

広島の原爆で67カ所目、長崎の原爆で68カ所目でした。

1945年 (昭和20年) 3月10日

東京大空襲

 
この東京大空襲を行っても日本が降参しないので、ソ連が参戦する前に原子爆弾を落としたかった狙いがあるとされています。

オバマ大統領に広島訪問を促した日系アメリカ議員マーク・タカノ

  

過去、アメリカから大統領の立場で日本の被爆地に訪れることはありませんでした。

しかし、この立役者となった日系のアメリカ議員がいます。

それがカリフォルニア州から選出されたマーク・ (Mark) アラン・ (Allan) タカノ (Takano) 議員です。

過去に学校の先生をしており、政治思想としては非常にリベラルつまり日本では左翼的考えの人です。

非白人で初めて連邦議会の議員になった人でもありますし、個人的に同性愛者であることをカミングアウトしています。

 

本来、日本左翼が原爆に対する姿勢とは?

一般的に日本で言われている左翼的考えの人の多くはアメリカが日本に対して原子爆弾を落としたことは仕方がなかったと言います。

その解釈なのであれば日本の必要に応じて核爆弾を持つ可能性があると言うことを意味しています。

しかし、考え方に矛盾が生じるのが日本の左翼です。

「アメリカが日本に原子爆弾を落としたことは善」
一方で、
「日本が核爆弾を持つことは悪」
となるわけです。

しかし、
「アメリカが日本に原子爆弾を落としたことは善」
なのであれば、
「日本に必要になると核爆弾を持つことも善」
となります。

そもそも、
「民間人に対して核爆弾を使うことが絶対的な悪」
であれば、
「アメリカが日本に落としたことも絶対的に悪」
とわるわけです。

人種的差別撤廃提案

第一次世界大戦後のパリ講和会議において、日本は国際会議においてどこよりも早く人種差別には反対の立場をとり、人種的差別撤廃提案を出しました。

 

アメリカ人が考える原爆への考え方

アメリカ国民は中国共産党と違って理性を持っています。

例えば、天安門事件などは中国ではなかったことになっていますが、アメリカは黒人を虐げたりした過去などはキチンと歴史にしています。

しかし、未だに日本に投下した原爆に対しては謝罪の念を持てるところまできていません。

例えば、アメリカ国内で原爆の展示をしようものなら、総叩きにあってしまいます。

それを裏返すと、本人たちも原爆は悪かったと思っているからなのです。

もし、本当に原爆が正しかったと思っているなら、そうはなりません。

きのこ雲は勝利の象徴だけど、その下で多くの人が死んでいることを知りたくないだけです。

竹田恒泰さん
竹田恒泰さん
そんなに遠くない未来には、アメリカ国内で原子爆弾が間違いであったという認識が広まるでしょう。

 

アメリカが原爆を正当化させるための考え方

アメリカが原子爆弾を投下したことを正当化する理由として持ち出したのが以下の理由です。

「アメリカ兵100万人の命を救った」

広島と長崎の原子爆弾で亡くなった死者はかなりバラつきがあります。

なぜなら、投下直後だと合わせて10万人とも言いますが、その後の影響で亡くなったことを考えると30万人とも言われますし、何をもって正確な数字を出すのか難しいからです。

一般的に広島と長崎の原爆による死者は30万人と言われています。

アメリカ政府は100万人のアメリカ兵の命を救うために日本の民間人30万人が犠牲になった正当化しています。

 100万人の軍事計画は存在しない

ちなみに、沖縄を落とすことですらアメリカ兵が1万2千人亡くなっています。

そこで、首都東京を陥落させるために4万人の軍事計画があったと言われています。

しかし、アメリカの陸軍長官はこの4万人のアメリカ人が犠牲になる軍事計画すら出すことをためらいました。

なぜなら、4万人のアメリカ兵が犠牲になる計画など却下される可能性が高いからです。

そのため、100万人を犠牲にしてまで立てる軍事計画なんて当時のアメリカ軍は持っていなかったのです。

シベリア抑留

シベリア抑留に至っては、あれは抑留ではなくあれは拉致と強制労働です。

戦時中ならともかく、終戦後ロシアによって65万人が拉致され強制労働されたのです。

それを『抑留』と表現するのは戦勝国のロシアにはばかっているだけです。

『抑留:(強制的に)その場所に押さえとどめること』

番組の視聴者の方からメールが届きました。

10年ほど前カリフォルニア州サンノゼに住んでいた時、子供が現地のハイスクールの世界史の授業を受けました。

アメリカが日本に原爆を落としたのは理由は、日本が台湾を占領してきたからだと習ってきました。

その後、さらに南京大虐殺とされる写真を見せられたそうです。

そもそも、アメリカでもカリフォルニア州は中国系が多いと言われる地域です。

記憶に新しい出来事としては、カリフォルニア州のサンフランシスコ市で慰安婦像設置にともなって大阪市が姉妹都市を解消したことがあります。


米政権「ウイグル 数十万人を拘束」 中国当局を批判

新疆ウイグル自治区で現在起こっていること

現在、新疆ウイグル自治区で多くのウイグル人が中国政府によって抑圧されています。

人数には幅はありますが、どんなに少なく見積もっても12万人、多ければ90万人以上がこの2年間で再教育施設に連れ去られています。

アメリカの二枚舌外交

日本ウイグル協会の総裁であるドルクン・エイサ氏は現在ドイツ国籍を持っています。

つまり、ドイツ人なのに中国のテロリストのリストに載っているため、ドルクン・エイサ氏は2000年代初めのうちアメリカに入国できませんでした。

なぜなら、アメリカがテロとの戦いをやるとき中国に邪魔されたくないという思惑がありました。

しかし、今その必要がなくなったから、中国に対しての外交カードにこの新疆ウイグル自治区を持ってきた経緯もあります。

ドルクン・エイサ氏も自分たちが外交のカードに使われているとわかってはいますが、とにかく何か動かしたいという思いは持っているようです。

ちなにみ、アメリカに入国できない間は日本には入国できたにも関わらず、韓国にも入国できませんでした。

これは、日本と韓国の国力の違いを表していると言えます。

竹田恒泰さん
竹田恒泰さん
今回、中国が内政干渉だと言ったってことは認めたってことですよね?

宗教の自由を認めてるって「お前が言うなっつーの!」ってことですよね。

 


戦前から日本とウイグルのつながりは強かった

著:関岡 (せきおか) 英之 (ひでゆき) 『帝国陸軍見果てぬ「防共回廊」』


昔の日本の陸軍の中では共産主義を防ぐ構想を持っていました。

当時の満州から内モンゴル、そして現在の新疆ウイグル自治区あたりで回廊を作る計画がありました。

東トルキスタン独立運動のために日本陸軍はアドバイスしていたと言われています。


竹下派 事実上の総裁選自主投票

竹下派の石破支持は単なる個人的理由

そもそも、この今回のこの竹下派は平成研究会の派閥です。

そこで、以下の人物をチェックしてみましょう。

竹下 (たけした) (のぼる) 元総理大臣 (島根県)
額賀 (ぬかが) 福志郎 (ふくしろう) 衆議院委員 (茨城県第2区)
竹下 (たけした) (わたる) 衆議院委員 (島根県 第2区)

本来、竹下登 元総理大臣が創設したので、竹下派と呼ばれていました。

最近まで、額賀福志郎 衆議院委員が会長だったので、額賀派と呼ばれていました。

しかし、なかなかグリップがきかないため、本来の創設時代の竹下派に名前を変えるために竹下亘 衆議院委員が会長に就きました。

つまり、衆議院議員である竹下亘氏ですら参議院議員までグリップはきいていないようです。

なぜなら、吉田博美 参議院議員が、すでに現職ではない青木幹雄 元参議院議員に逆らえないからです。

吉田 (よしだ) 博美 (ひろみ) 参議院議員 (長野県 選挙区)
青木 (あおき) 幹雄 (みきお) 元参議院議員 (島根県)

では、なぜ青木幹雄 氏は石破茂 氏を推せと言ってくるのでしょうか?

竹下派参議院議員の石破支持は御子息の選挙事情

ここで、ポイントとなってくるのは選挙区です。

青木幹雄 氏の御子息である青木一彦 参議院議員の選挙区である島根県と石破茂 氏の選挙区の鳥取県は参議院議員選挙になるとかぶるためです。

青木 (あおき) 一彦 (かずひこ) 参議院議員 (島根県 選挙区)

つまり、単刀直入に言うと

「参議院議員選挙の時、息子の青木一彦を石破茂氏に応援してほしいから、父親である青木幹雄氏が吉田博美氏に石破を支持しろと言われた」

ということが、事の流れです。