月曜日

平成31年3月4日 (月) 青山繁晴

平成31年3月4日 (月) 青山繁晴
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

米朝首脳合意できず 非核化・制裁解除で溝

米朝会談「現時点では署名できない」トランプ大統領 (19/02/28)


日本にとって安心できる状況とは言えない

今回、アメリカのドナルド (Donald) ジョン (John) トランプ (Trump) 大統領と北朝鮮の金正恩 (キム・ジョンウン) 朝鮮労働党委員長の米朝首脳会談が決裂しました。

一部の報道では、日本の安倍 (あべ) 晋三 (しんぞう) 内閣総理大臣から電話でアドバイスを受けたから、トランプ大統領が変な妥協をしなかったとも言われています。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
今回、米朝首脳会談が決裂したことで、日本が安心できる状況ではまったくありません。

アメリカは北朝鮮の制裁解除する選択肢はあった

実は、アメリカ側は北朝鮮に対して制裁解除する動きが、実際に考えられていたと言われています。

しかし、実現しなかったのはあまりにも北朝鮮が粗暴で偉そうだったからです。

寧辺 (ニョンビョン) 核施設だけでは不十分

今回、北朝鮮は寧辺 (ニョンビョン) 核施設を完全に廃棄することの見返りに制裁解除を要求しました。

北朝鮮には他にも核施設があります。

寧辺 (ニョンビョン) 核施設は、一番古い核施設だと言われています。

アメリカはそれ以上を要求したにも関わらず、北朝鮮が応じなかっただけなのです。

もし、北朝鮮からアメリカが要求しているそれ以上の要求に応じていれば、制裁を解除していたかもしれません。

つまり、核施設の主要な部分が残る可能性もあったのです。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
破綻国家である北朝鮮の核に日本が怯えることに対し、アメリカが保証しかねない懸念材料が残っていることについては何も変わっていません。



米朝会談 北朝鮮が「成功」と報道

金委員長が帰国へ“物別れ”に似合わぬ満面の笑顔 (19/03/02)


正恩氏、帰国途中に訪中か 困惑する中国に何を語る (19/03/02)


米朝首脳会談の結果、金正恩氏は落ち込んでいる

今回、米朝首脳会談が決裂したことで、金正恩氏は落ち込んでいます。

本来であれば米朝合意をした後で、ベトナムでアメリカ企業の支援が入った経済建設を訪れる予定でした。

しかし、金正恩氏はすべての予定をドタキャンしています。

それに加え、帰りに北京を訪れ米朝首脳会談の成功は中国のお陰であることを報告する予定でした。

しかし、結果的には北京に寄ることもせずに北朝鮮に帰国しています。

合意が決裂したことの北朝鮮の思惑とは?

だからと言って、今後の北朝鮮の展望が全くないのかといえばそうではありません。

北朝鮮の李容浩 (リ・ヨンホ) 外務大臣は主張を変えることはないと言っています。

つまり、北朝鮮の思惑としては米朝首脳会談を3回目まで待った方がいいと考えている節があります。

なぜなら、トランプ大統領としては次の大統領選挙の材料として使いたいことを逆手に取ろうと、したたかで冷静な判断をしているのです。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
北朝鮮にとっては途中になっている核開発の時間稼ぎができるので、好都合だとも言えます。



文在寅大統領「日本と協力」強調 三・一独立運動百年

「一緒に未来に・・・」文大統領が日韓の友好関係強調 (19/03/01)


文在寅大統領の演説は嘘だらけ

韓国の文在寅 (ムン・ジェイン) 大統領は演説の中で、そこまで反日的ではなかったと報道されています。

しかし、演説の全文を読むと韓国併合だった時代を植民地時代だったと言い、嘘の数字を並べています。

『三・一独立運動』は独立運動ではない!

1910年 (明治43年) 8月29日~1945年 (昭和20年) 9月9日まで続いた、約35年間の日本統治時代だった朝鮮半島で独立運動が起きました。

1919年 (大正8年) 3月1日

日本からの独立運動である、『三・一独立運動』が起こる。

韓国では『独立万歳運動』や『万歳事件』とも呼ばれる。

しかし、歴史的な事実として日本は韓国を植民地支配していません。

当時、ロシアの脅威に対抗するために、韓国から日本に併合をお願いしてきたのです。

むしろ、伊藤博文は韓国併合には反対の立場でした。

つまり、韓国から併合を日本にお願いしていたのに、独立運動が起ったこと自体おかしいのです。

日本統治時代に庶民の人たちが力をつけたことによって、今の韓国経済があると言っても過言ではない。



青山繁子ちゃん 逝く・・・

青山繁晴さん
青山繁晴さん
繁子を亡くして、人間は何でもできると改めて思いました。

繁子は犬と言うだけで何もできませんでした。

食べられるものも限られますし、旅行だって車で行ける範囲です。

やりたいことが100万あっても、そのうちの1つや2つしかできませんでした。

しかし、人間はその気になればなんだってできるんです。

「上手く行くとか行かない、上手下手など気にせずにやりたいことは全部やったらどうですか?」

このことを教えてくれました。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です