月曜日

令和元年5月6日 (月) 青山繁晴

令和元年5月6日 (月) 青山繁晴
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

金正恩委員長 日本人拉致と対話言及「いずれ安倍首相と会う」

青山繁晴さん
青山繁晴さん
これは共同通信の立派な特ダネです。

私のルートで確認しましたが、間違いありません。

日朝交渉は水面下で進められている

2019年 (平成31年) 2月27~28日 ベトナムの首都ハノイで行われた、米朝首脳会談から約3ヵ月が経ちました。

実は、拉致問題について日朝間において水面下でかなり行われていると言われています。

このことが表に出てきたことで、どの様なことが推測できるのでしょうか?

まず、決定的と言えることがあります。

それはハノイの米朝首脳会談が決裂した結果、北朝鮮の打開策としては拉致問題を、取り上げざるを得なくなったことがわかります。

今までは拉致問題は三国間で交渉が行われてきました。

しかし、アメリカにおいて拉致問題は自国の問題ではないため、言うだけにしかすぎません。

後は、日本と北朝鮮が直接話し合うことで、解決することになります。

日本は北朝鮮に賠償や保証するべきなのか?

北朝鮮の金正恩 (キム・ジョンウン) 朝鮮労働党委員長は、日本に対して賠償や保証を求めてくることは、充分に考えられます。

しかし、日本として絶対に認めるわけにはいきません。

今の段階において知る限り、トランプ大統領にこのことを伝えた形跡はありません。

しかし、日朝の水面下交渉や米朝首脳会談の際、そのことについて暗に伝えてきたと言われています。


日朝首脳会談にむけて方向転換「無条件で開催」

安倍首相が方向転換した本当の狙いとは?

なぜこのタイミングで、安倍首相は日朝首脳会談における方針転換をしたのでしょうか?

日朝間で水面交渉が始まったのも、2月の米朝首脳会談の後にトランプ大統領から、安倍首相に連絡があってからと言われています。

「拉致被害者の救出について進展が認められれば日朝首脳会談に進展する」から、「日朝首脳会談で解決する」ということにハードルを下げた。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
決して、日本が孤立化を避けるためではありません。

金正恩委員長の大誤算

ハノイで開催された米朝首脳会談で、金委員長はトランプ大統領がもっと妥協すると思っていました。

『ビックディール』の意味を完全に読み間違えたのです。

トランプ大統領にとっての『ビックディール』とは、北朝鮮が実質的に核兵器を持てない国になることでした。

現段階の北朝鮮としては、何とかして外国から支援を得たいと思う気持ちはあるはずです。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
北朝鮮の国民は飢えに苦しんでいることは間違いありません。

それを考えたら、日本が支援をすることはありえます。

ギリギリのバランスをとりながら、支援することはできると思っています。



5月4日 北朝鮮がイスカンダルと見られる弾道ミサイルを発射

北朝鮮、飛翔体を複数発射 交渉難航の米を牽制か? (2019/5/4)

発射された弾道ミサイルは『イスカンダル』

今回、発射された短距離弾道ミサイルはロシア製の『イスカンデル (9K720)』と見られています。

飛行距離は70~240kmと日本に届く距離ではないことが報道されています。

しかし、ミサイルを発射したことに変わりはありません。

北朝鮮はミサイルなどで武装できないわけじゃない

国連は北朝鮮に対して「武装してはいけない」と言っていません。

あくまで「他国に脅威となるような弾道ミサイルを発射してはいけない」と言っているのです。

しかし、今回は国連制裁決議を破ったので、この時点でアウトとなります。

外務大臣同士の電話会談から首脳レベルへ

イスカンダルと見られる弾道ミサイルが発射された4日の時点で、河野 (こうの) 太郎 (たろう) 外務大臣とマイク (Mike) ポンペオ (Pompeo) 国務長官が電話会談を行いました。

この後に、外務大臣同士のレベルを超えて首脳同士に進展しています。

すぐに、今回の弾道ミサイルは日本に届かないことは伝えられています。

それなのに、これ以上日本が深刻に考える必要性が本当にあるのでしょうか?

日本に届かないからと言って看過はできない

繰り返しますが、イスカンダルと見られる弾道ミサイルを発射したことが、国連制裁決議違反なので制裁の強化さぜるを得ません。

現在は日本と北朝鮮の間にアメリカも加わっているので、非常に複雑になっています。

そのため、北の将軍様が見え見えのパフォーマンスをやっとにすぎないとの考え方もできます。

しかし、一番肝心なこととして見ないといけないことは、北朝鮮体制の危機についてです。

北朝鮮がイスカンダルを発射した本当の狙いとは?

イスカンダルと見られる弾道ミサイルを発射されたことによって、他国が脅威に晒されたことになります。

そのため、日本の防衛省はやられる側の観点で考えてしまいがちです。

しかし、北朝鮮の報道がどの様に伝えているかについてみ推測すると、本当の狙いが見えてきます。

今回の報道の特徴として、将軍様が現場に直接視察なさったということを、重点的に報道している節があります。

つまり、このことから一体何が読み取れるのでしょうか?

今回の弾道ミサイル発射は花火と同じ役割

今回の弾道ミサイル発射は、他国に対するメッセージではなく、国内に対するメッセージが強いと言われています。

つまり、軍に向けて我々は一体であるということを伝えたかったのかもしれません。

別の見方としては、軍の引き締めもあるのかもしれません。

しかしそれ以上に、アメリカの言いなりばかりになっているだけではなく、軍の面子も考えていると言う内向きのポーズが極めて強いと考えるのが自然です。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
体制温存に向かうのか? 

金一族の中での宮廷革命になるのか?

日本もアメリカも極めて重要な判断を迫られていると言えます。

#キツネのアンケート



イラン原油 全面禁輸開始

令和元年5月3日 (金)

米 イラン原油の全面禁輸を開始

イランから原油を買えなくなったことを活かすべき

今まで、日本はイランと独自の外交をとってきました。

これまでは日本への配慮もありましたが、これでイランから原油を買えなくなりました。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
日本は資源がない国と言うことを強調していてはいけません。

石油と地上の資源があまり採れないため、石油などに依存しないキッカケにするべきだと思います。


皇位安定策検討は秋以降 男系重視 難航必至

青山繁晴さん
青山繁晴さん
この記事の書き方じゃまるで「男系継承をしない様にするべきだ」と言っているニュアンスが、あるじゃないですか!

『天皇退位特例法』につけられた、付帯決議の中身とは?

2019年 (平成31年) 4月30日に『天皇退位特例法』が施行されました。

『天皇退位特例法』

正式名称

天皇の退位等に関する皇室典範特例法

[PDF] 天皇の退位等に関する皇室典範特例法

内閣が当時の今上陛下の御高齢を鑑みて『皇室典範』の改正ではなく、一代限りとされ特例法として決議されました。

しかし、この法案には付帯決議がつけられています。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
この付帯決議に「女性宮家の創設」について言及されているため反対しましたが、押し切られてしまいました。

しかし、【等】が付いたので、反対したことがまったく無意味だったと言うわけではありませんでした。

附帯決議 (平成二九年六月七日)

政府は、安定的な皇位継承を確保するための諸課題、女性宮家の創設について、皇族方の御年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本法施行後速やかに、皇族方の御事情等を踏まえ、全体として整合性が取れるよう検討を行い、その結果を、速やかに国会に報告すること。

一の報告を受けた場合においては、国会は、安定的な皇位継承を確保するための方策について、「立法府の総意」が取りまとめられるよう検討を行うものとすること。

政府は、本法施行に伴い元号を改める場合においては、改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないようにするとともに、本法施行に関連するその他の各般の措置の実施に当たっては、広く国民の理解が得られるものとなるよう、万全の配慮を行うこと。

「女性宮家の創設等」に含まれる意味

もちろん、「女性宮家の創設」について検討することがメインかもしれません。

しかし、【等】の一文字が含まれたと言うことは「旧宮家の皇籍復帰」も含まれています。

女性宮家の創設」に言及したのは小泉政権の自由民主党からだった!

「旧宮家の皇籍復帰」が難しいと言われる理由

一般的に「旧宮家の皇籍復帰」に関してふさわしくないと言う意見があります。

その理由として挙げられるのは「皇位継承が剥奪されてから、70年以上も民間人として暮らしているため」と言われます。

しかし、これは一番肝心なポイントをおさえていません。

一番の課題は、様々な自由を奪うことにつながりかねないことです。

例えば、10代の男性に皇室復帰してもらった場合、職業の自由を奪ったことにもなりかねません。

この課題は、ただ単に両親の了解を得ればいいという話ではありません。

遺伝子から見る男系と女系の違い女系天皇を一代でもつなげると、三代目で完全に万世一系でなくなってしまう


万世一系についてもっと議論を深める必要性

これは父方を辿っていくと万世一系 (ばんせいいっけい) につながることが、日本の皇室と言えます。

世論調査をとると、多くの人が「女性天皇」「女系宮家」について賛成します。

しかし、これは万世一系でつながってきた皇室の在り方を、根本的から変えてしまいます。

世論調査がこの様な傾向にあるのは、日本人が愚かだからと言えばそうではありません。

基本的に日本人は学校で学んだことで判断しようとします。

日本人は真面目だからこそ、学校で勉強したことで判断するとも言えます。

しかし、学校はもちろん世間一般的に万世一系の仕組みについて、十分議論がされているとは言えません。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
女性宮家については男女差別の議論ではありません。

だから、【男系】ではなく【父系】と呼ぶべきです。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です