火曜日

令和元年7月2日 (火) 百田尚樹 × 西岡力

令和元年7月2日 (火) 百田尚樹 × 西岡力
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

韓国をホワイト国から除外 韓国はWTOへ提訴を検討

百田尚樹さん
百田尚樹さん
この共同通信の記事は要約かもしれませんが、ひどい内容ですね。

まるで、日本が悪いことをしているみたいじゃないですか!

日本は輸出規制で韓国を報復措置したのか?

今回、日本がとった措置は韓国への報復だと言う見方がされています。

しかし、実は問題はそこではありません。

そのそも、半導体を製造するために必要となる材料は、安全保障上の観点から主権の範囲内で規制することができます

今回は、あくまで韓国をホワイト国から除外したにすぎません。

一体、これはどういうことなのでしょうか?

ホワイト国から除外されるとどうなるの?

今まで、韓国に半導体の材料を輸出する時、書類のチェックが必要ありませんでした。

しかし、ホワイト国から除外されることで、書類をチェックを厳しくするようになっただけです。

何も、今後一切輸出しないと言っているわけではありません。

実際、韓国がホワイト国になったのは2004年 (平成16年) からです。

つまり、それ以前は今の様な優遇措置はとられていなかったのです。

では、どうして今回は優遇措置から韓国が外されたのでしょうか?

日本にとって韓国が信頼できる国ではなくなった

答えは簡単で日本にとって韓国が信頼できる国ではなくなったからです。

なぜなら、去年から日韓の間には様々な問題が起きていることから明白です。

1つ目は、徴用工訴訟問題です。

2つ目は、2018年 (平成30年) 12月20日に発生した韓国海軍レーダー照射問題です。

西岡力さん
西岡力さん
ホワイト国から除外するのは8月からですが、7月4日から輸出規制が入ります。

なぜ、韓国は半導体の材料を規制されたくないのか?

実質、韓国の経済を支えているのは電子機器を製造している会社です。

代表的な会社としては『サムスン電子』と『LGエレクトロニクス』があります。

今回、該当となる半導体材料とは、次の3品目です。

  • フッ化水素 (エッチングガス)
  • フッ化ポリイミド
  • レジスト (感光材)

全世界に流通しているフッ化水素は7割が日本製です。

フッ化ポリイミドとレジストに至っては9割にも及びます。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
私は徴用工問題が発生した時から「フッ化水素を規制しろ!」と言ってきました。

なぜ、メディアは安全保障の問題として取り上げないのか?

今回、日本が韓国に対してとった措置は様々な問題の報復措置ではありません。

あくまで、安全保障上に関わる問題なのです。

しかし、日本のメディアはその点に関して真実を伝えようとしません。

国際的に見れば、とっくに日本は敗戦国という立場から抜け出しているのです。

それは、アメリカと中国の反応からしてもわかります。

トランプ大統領の発言

先日、ドナルド (Donald) ジョン (John) トランプ (Trump) 大統領が日本に対して発言からもわかります。

あの発言は、日本を責めているわけではないのです。

西岡力さん
西岡力さん
「敵ではなく味方なのに、どうして後ろにいるんだ! 一緒に戦え!」と日本に言っているのです。

歴史問題を取り上げなかった中国

もう1つは、今回大阪で開催されたG20で開かれた日中首脳会談における反応です。

習近平 (しゅう きんぺい) 国家主席は日本に対して歴史問題を一切取り上げませんでした。

今までの中国ですと、日本に対する外交カードで歴史問題を、繰り返し取り上げてきました。

しかし、今回は初めてそのカードを使ってこなかったのです。

日本の国民だけが、この現実をわかっていない!

過去に悪いことをしたんだから、普通の国になってはいけないと今でも思い続けている!

サムスンを創業された、李秉喆 (イ・ビョンチョル) 氏が御存命の時、次の様に述べていました。

当時の5億ドルというのは大変な金額だった。私たちはそれを忘れてはいけない。



元朝日記者の植村隆氏 請求棄却 慰安婦報道訴訟


【真実相当性】についても認められず

名誉棄損が成立する条件として【真実性】【真実相当性】があります。

【真実性】とは真実であるかどうかです。

一方の【真実相当性】とはどのような意味なのでしょうか?

この【真実相当性】とは、次のことを指しています。

当時、明らかになっている情報において真実であると信じるに、十分な理由があるか?

つまり、後に真実ではなかったとしても、その時の情報だけで真実と言えるだけの情報があれば問題ないとされています。

しかし、今回の判決には【真実相当性】を踏み越えて【真実性】まで言及されています。

つまり、植村氏は知っていたにも関わらず、そのことに触れずに歪めて捏造記事にしたとされているからです。

西岡力さん
西岡力さん
確かに私は全面勝訴しましたが、非常に後味は悪いです。

なぜなら、言論の自由からすると裁判所にどちらが正しいなどと判断されるのは、愚の骨頂だからです。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
そうです、本来であれば言論で戦うべきです。



【火曜特集】
一体何が起こっているの!? 南北朝鮮の今


朝鮮、北朝鮮、中国で反日運動が起こる流れ

過去、韓国と北朝鮮と中国で度々反日運動が行われてきました。

実はこの流れにはある法則があるとされています。

  1. 大学教授や人権派弁護士やマスコミが左翼日本人が「日本が悪い」と広める。
  2. 韓国、北朝鮮、中国の政府がそれを公式に発表し日本に難癖をつける。
  3. 外務省がその難癖に対し、土産をつけて余りあるくらいの謝罪を発表する。
居島一平さん
居島一平さん
と言うことは、根本的な原因は日本にあるのですね・・・

菅直人政権が談話を発表するまで

1965年 (昭和40年)

日韓基本条約 (日韓請求権協定) が成立

2005年 (平成17年)

盧武鉉 (ノ・ムヒョン) 政権が再調査を実施し、韓国政府が保証義務を負うと確約したことを再確認する。

この政権中枢に現在の韓国大統領である文在寅 (ムン・ジェイン) 氏がいました。

2010年 (平成22年)

日本の左翼文化人が「請求権協定は戦争責任の立場から無効」と政府に発表させようと画策を始めます。

そして、8月10日 (かん) 直人 (なおと) 内閣総理大臣は声明文を発表しました。

菅首相会見 冒頭ノーカット 日韓談話「韓国大統領が大変評価した」

[首相官邸] 内閣総理大臣談話

本年は、日韓関係にとって大きな節目の年です。

ちょうど百年前の八月、日韓併合条約が締結され、以後三十六年に及ぶ植民地支配が始まりました。

三・一独立運動などの激しい抵抗にも示されたとおり、政治的・軍事的背景の下、当時の韓国の人々は、その意に反して行われた植民地支配によって、国と文化を奪われ、民族の誇りを深く傷付けられました。

私は、歴史に対して誠実に向き合いたいと思います。

歴史の事実を直視する勇気とそれを受け止める謙虚さを持ち、自らの過ちを省みることに率直でありたいと思います。

痛みを与えた側は忘れやすく、与えられた側はそれを容易に忘れることは出来ないものです。

この植民地支配がもたらした多大の損害と苦痛に対し、ここに改めて痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明いたします。

このような認識の下、これからの百年を見据え、未来志向の日韓関係を構築していきます。

また、これまで行ってきたいわゆる在サハリン韓国人支援、朝鮮半島出身者の遺骨返還支援といった人道的な協力を今後とも誠実に実施していきます。

さらに、日本が統治していた期間に朝鮮総督府を経由してもたらされ、日本政府が保管している朝鮮王朝儀軌等の朝鮮半島由来の貴重な図書について、韓国の人々の期待に応えて近くこれらをお渡ししたいと思います。

日本と韓国は、二千年来の活発な文化の交流や人の往来を通じ、世界に誇る素晴らしい文化と伝統を深く共有しています。

さらに、今日の両国の交流は極めて重層的かつ広範多岐にわたり、両国の国民が互いに抱く親近感と友情はかつてないほど強くなっております。

また、両国の経済関係や人的交流の規模は国交正常化以来飛躍的に拡大し、互いに切磋琢磨しながら、その結び付きは極めて強固なものとなっています。

日韓両国は、今この二十一世紀において、民主主義や自由、市場経済といった価値を共有する最も重要で緊密な隣国同士となっています。

それは、二国間関係にとどまらず、将来の東アジア共同体の構築をも念頭に置いたこの地域の平和と安定、世界経済の成長と発展、そして、核軍縮や気候変動、貧困や平和構築といった地球規模の課題まで、幅広く地域と世界の平和と繁栄のために協力してリーダーシップを発揮するパートナーの関係です。

私は、この大きな歴史の節目に、日韓両国の絆がより深く、より固いものとなることを強く希求するとともに、両国間の未来をひらくために不断の努力を惜しまない決意を表明いたします。

応募工問題を焚きつけた反日日本人

日本で約500人、韓国でも約500人が名前を連ねていました。

日本にはほとんど報道されませんでしたが、韓国では大々的に報道されました。

当時の戦時労働者たちは4回目のお金をもらおうとしている

当時、徴用工として働いていた朝鮮人はなんと、4回目のお金をもらおうとしているのです。

[1回目] 当時働いていた時の賃金としてお金をもらいました。

[2回目] 1965年 (昭和40年) の『日韓請求権協定』でもうらいました。

[3回目] 2005年 (平成17年) 盧武鉉 (ノ・ムヒョン) 政権の時にもらいました。

そして、今回は4回目の補償を日本に求めているのです。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
あのね、おかわり禁止!

なぜ、応募工が突如韓国の司法で認められたのか?

2000年 (平成12年)

韓国の最髙裁判所が『日韓請求権協定』は無効として差し戻しを続けていました。

西岡力さん
西岡力さん
当時の韓国の司法は、流石にこれを認めるわけにはいかないと思っていたのです。

2017年 (平成29年)

文在寅 (ムン・ジェイン) 政権が発足した後、左派系裁判長である金命洙 (キム・ミョンス) 氏を抜擢する。

2018年 (平成30年)

『日韓請求権協定』に反し、応募工に対する日本企業の支払い命令が最髙裁判所判決として確定します。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
私は、別の立場から不法だと思います。

日本は韓国に金を払いすぎ!

そんな金払う必要がないのに払っている!


ソウルで李宇衍 (イ・ウヨン) が集会を開催

6月5日 良識派保守勢力がある集会を開催しました。

その集会の目的は慰安婦像・労働者像設置に反対するとなっています。

この集会の中心人物となっているのが、落星台 (ナクソンデ) 経済研究所の研究員である、李宇衍 (イ・ウヨン) 氏が次ぎの様に宣言しています。

今日の集会は反日民族主義に公然と反対する市場初めての集会である!

この集会は以下のポイントがあります。

  • 「慰安婦問題」「応募工問題」も全て嘘と主張
  • 韓国の保守が歴史の捏造を否定してこなかったのが国を脅かす原因になっているという認識

更に、次のことを声高に発言し文在寅 (ムン・ジェイン) 政権に戦いを挑んでいます。

過去、日本が韓国に人権神代をしたのではない。現在、韓国が日本に対し人権侵害をしている。

字幕【国連人権理事会】韓国の学者李宇衍氏が「徴用工問題」で韓国政府に進言 (2019/07/09)

西岡力さん
西岡力さん
今はまだ被害はないらしく、無視されているようです。

李宇衍 (イ・ウヨン) 氏は日本のためにやっているのではなく、韓国のためにやっていると言っています。

拉致問題が最も解決に近づいている!

ドナルド (Donald) ジョン (John) トランプ (Trump) 大統領は歴代のアメリカ大統領として、初めて拉致問題の解決を核問題の取引を条件に入れました。

ハノイで行われた米朝首脳会談からわかること

一番最初に、トランプ大統領は拉致問題の話をしたと言われています。

その後、会食でも再び拉致問題の話を切り出しアメリカの高官を驚かせました。

会談後、安倍首相は「前提条件なしの会談」を主張しています。

西岡力さん
西岡力さん
これらからわかることは、北朝鮮がアメリカと核交渉する際、拉致問題も条件に入ったことを意味します。


POSTED COMMENT

  1. アバター キツネ より:

    ≪韓国がついにホワイト国から除外≫

    去年のいわゆる徴用工問題が発生した時から、このフッ化水素のことは度々言われていました。

    恥ずかしながら私はその時まで、フッ化水素の存在を知りませんでした。

    今回、ようやくと言っていいほど韓国に厳しい態度を、日本政府がとるようになりました。

    私も今まで静観していましたが、日本国の国益のためとなるための外交は珍しいのはないでしょうか?

    ≪韓国で反反日運動≫

    韓国でついに、まともな意見を主張する国民が声をあげたようです。

    しかし、多くの日本人はおそらく、李宇衍氏の身の危険を考えたのではないでしょうか?

    よく、日本の報道の自由度ランキングは低いとか言われますが、このようなことを考えると、どこを見て日本には報道の自由がないのかと言いたいのでしょうか?

    今まで、正しいことを言うと確かに表舞台から消されていたようです。

    しかし、そのような人は本当に愛国心がある人ばかりです。

    その意味では、韓国の愛国心とは反日が愛国心と言えるのでしょうか?

    何ともお気の毒な国としか言いようがありません。

  2. […] 韓国をホワイト国から除外 韓国はWTOへ提訴を検討 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です