水曜日

平成30年12月26日 (水) 大高未貴 × 石平

平成30年12月26日 (水) 大高未貴 × 石平

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

レーダー照射 防衛省が再反論 韓国に

日韓関係における最大の転換点になる!?

今回のレーダー照射問題で、戦後の日韓関係は最悪の状態とも言われています。

なぜなら、本来であれば日本と韓国は友好国のはずです。

今回の行為は、韓国が自ら日本を敵国としてみなしていると言えます。

韓国は今までチンピラのような嫌がらせをする国というくらいで済んでいたかもしれません。

しかし、今後韓国は日本にとって軍事的な脅威として考えないといけないのかもしれません。

今、韓国の文在寅 (ムン・ジェイン) 大統領は核兵器を持っているとされる北朝鮮と、南北統一しようとしています。

石平さん
石平さん
日本は中国だけでなく朝鮮半島を含めて、軍事的戦略を立て直さないといけないですわな。

韓国が脅威でなかったのは38度線のおかげ?

現在に至るまで、韓国が日本の脅威にならなかったのは38度線があるからと考えることができます。

朝鮮半島において38度線を境目にし、韓国は同じ民族同士である北朝鮮と対立が続いています。

それは、1953年 (昭和28年) 7月27日に朝鮮戦争が休戦を向かいて以来ずっとです。

このままでは、朝鮮半島が日本にとっての脅威になってくる可能性が非常に高いと考えられます。

レーダー照射に関し韓国の誤魔化しを暴くべき!

大高未貴さん
大高未貴さん
韓国はただ誤魔化しているだけ。

も~、どうしよもないと思います。

日本側だって、決してバカではないため一連の証拠は持っています。

それに対して韓国が日本に対して反論するのであれば、公開の場でしっかり検証すればいいのです。

如何に韓国が物事に対して嘘をついて、誤魔化すかということを公にすればいいのです。

レーダー照射の重みを考えると、射撃の一歩手前であるため他国だったら即座に報復攻撃に出ておかしくありません。

石平さん
石平さん
韓国の辞書で【謝罪】の意味は「他人に求めることであって、自分が行うことではない」と書かれているはずですわな。


徴用工問題は「最後の棘」陳昌洙 法廷闘争の回避訴え

石平さん
石平さん
これはまったくの嘘、デタラメ、子供だましですわな。
大高未貴さん
大高未貴さん
も~、騙されない!

「最後の棘」など存在しない

韓国から日本に対し「これで最後」と言う台詞は日本は50年前にも何度も聞いてきました。

韓国人が言う「これで最後」というものほど信じられないものはありません。

今回においても「最後の棘」でもなんでもありません。

なぜなら、日本にとって朝鮮半島そのものが「棘」だからです。

韓国は自分たちが嘘を言っていることを自覚している?

韓国は問題解決に向けて、決して国際司法の場では争おうとはしません。

なぜなら、結果は韓国が負けると自らわかっているからです。

しかし、ここまで韓国が同じことを繰り返すのかというと、何度でも日本を騙せると思っているからです。

つまり、日本が完全になめられていると言えます。

大高未貴さん
大高未貴さん
どうして、ここまで日本はなめられるんですかね?
石平さん
石平さん
日本が私の様に怒らないからですわな。

日本人が全員僕のようになれば大丈夫よ。

居島一平さん
居島一平さん
でも、怒ることに疲れているんじゃないですか?
石平さん
石平さん
いや、怒るとストレスがたまらないから疲れないですわな。

『河野談話』の失敗

1993年 (平成5年) 8月4日 当時、内閣官房長官を務めていた河野 (こうの) 洋平 (ようへい) 氏が『河野談話』を発表しました。

『河野談話』の正式名称は『慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話』と言われます。

河野談話

いわゆる従軍慰安婦問題については、政府は、一昨年12月より、調査を進めて来たが、今般その結果がまとまったので発表することとした。

今次調査の結果、長期に、かつ広範な地域にわたって慰安所が設置され、数多くの慰安婦が存在したことが認められた。

慰安所は、当時の軍当局の要請により設営されたものであり、慰安所の設置、管理及び慰安婦の移送については、旧日本軍が直接あるいは間接にこれに関与した。

慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった

また、慰安所における生活は、強制的な状況の下での痛ましいものであった。

なお、戦地に移送された慰安婦の出身地については、日本を別とすれば、朝鮮半島が大きな比重を占めていたが、当時の朝鮮半島は我が国の統治下にあり、その募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた。

いずれにしても、本件は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題である。

政府は、この機会に、改めて、その出身地のいかんを問わず、従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し心からお詫びと反省の気持ちを申し上げる。

また、そのような気持ちを我が国としてどのように表すかということについては、有識者のご意見なども徴しつつ、今後とも真剣に検討すべきものと考える。

われわれはこのような歴史の真実を回避することなく、むしろこれを歴史の教訓として直視していきたい。

われわれは、歴史研究、歴史教育を通じて、このような問題を永く記憶にとどめ、同じ過ちを決して繰り返さないという固い決意を改めて表明する。

なお、本問題については、本邦において訴訟が提起されており、また、国際的にも関心が寄せられており、政府としても、今後とも、民間の研究を含め、十分に関心を払って参りたい。

[外務省] 慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話

『河野談話』を出した経緯には、日本と韓国の間で約束があったからと言われています。

その約束とは「日本が従軍慰安婦の存在を認めてくれたら、絶対に蒸し返すことはない」というものでした。

その結果、日本はある種日本軍の強制連行を認めてしまうような曖昧な声明を出してしまいました。

新日鉄の差し押さえ手続き開始へ 元徴用工判決で原告側

石平さん
石平さん
経済的な観点含めて、日本は韓国から距離をとった方がいいですわな。
大高未貴さん
大高未貴さん
今、韓国は中国と地獄行の列車に乗って競い合っています。


南北事務所で協議285回 韓国 相互代表部へ格上げ

朝鮮半島の南北統一はあり得ない!

おそらく、このまま進んで行くと文在寅大統領は韓国を地獄へと導くことになります。

なぜなら、文在寅大統領は南北統一に向けて着々と物事を進めているからです。

しかし、このことに対して黙っていない国が2カ国あります。

それは、アメリカと中国です。

なぜ、中国も南北統一を望んでいないのか?

アメリカが黙っていないのは、軍事的観点からして、今までずっと言われてきました。

なぜ、中国も南北統一を黙っていないのでしょうか?

一見は、北朝鮮主導の元だったらという条件であれば、むしろ歓迎するのではないかとも考えられます。

しかし、例え北朝鮮が主導だったとしても南北統一は許しません。

なぜなら、中国にしてみれば朝鮮半島が統一することが脅威なのです。

石平さん
石平さん
そのため、朝鮮半島が統一することはありえないですわな。

必ず、中国、アメリカ、韓国軍のどれかによって潰される。

日本にとっても南北統一は脅威になるのか?

もちろん、朝鮮半島が統一することの脅威はアメリカや中国に限ったことではありません。

日本にとっても脅威でしかありません。

南北統一することで、38度線が長崎の対馬海峡まで下りてくることを意味しているのですから。

中国にとって北朝鮮の利用価値とは?

2013年 (平成25年) 12月12日張成沢 (チャン・ソンテク) 氏が粛清として殺されました。

中国、張氏処刑でも「協力推進」北朝鮮の安定重視 (2013/12/13)

金正恩 (キム・ジョンウン) 総書記と直接的な血のつながりはありませんが、叔父にあたり実質のナンバー2と言われていました。

中国は長年張成沢 (チャン・ソンテク) 氏をパイプ役として、北朝鮮を中国の実質的な植民地としてきました背景があります。

そのパイプ役を失った中国は北朝鮮への政策はどのように変わってきたのでしょうか?

ここで押さえておきたいポイントは、中国としては北朝鮮が独立国として存在していることが重要なのです。

そこには、中国にとって北朝鮮が経済的植民地であることとは別の理由があるからです。

アメリカに対立外交カード

中国は北朝鮮を使ってアメリカを牽制してきます。

例えば、北朝鮮が暴れるとアメリカは頭を下げて、中国になだめてもらうことをしていました。

そうすることにより、中国はアメリカに対する立場が強くなります。

北朝鮮という隠れ蓑

北朝鮮が核兵器を持って暴れてくれるおかげで、世界の注目は北朝鮮に向かいます。

それを隠れ蓑として、習近平国家主席がやりたい放題できるのです。

石平さん
石平さん
だから、中国は朝鮮半島の統一を望んでいないんですわな。

中国と北朝鮮の腹黒さの比べ合い

一方、北朝鮮はただ中国に使われるだけかと言えば、そうではありません。

中国にとっての最悪のシナリオとはどういうことなのか、北朝鮮はわかっています。

そのシナリオとは、北朝鮮が崩壊して韓国主導で南北統一することです。

そのため、決して中国が北朝鮮を潰させるようなことはしないと読んで、中国の足元を見てきます。

結果、北朝鮮が中国に対し強気に出ていろいろ強請 (ゆす) る構図もできています。

金正恩総書記はいくら中国の手先とも言われていた張成沢 (チャン・ソンテク) 氏を粛清しても、親分である中国は決して怒ることができないとわかっていたのです。

北朝鮮が中国に対しての外交カードはアメリカ!?

中国がアメリカの外交のカードとして北朝鮮を使いたいこと知っていることをいいことに、金正恩総書記も外交カードを使ってきます。

それは、中国に対しての外交カードとしてアメリカを使うことです。

中国の習近平 (しゅう きんぺい) は国家主席に就任した2012年 (平成24年) から約5年間は北朝鮮の金正恩総書記と会いませんでした。

しかし、米朝首脳会談の開催が決まった途端、何度も会談を開くようになりました。

大高未貴さん
大高未貴さん
この腹黒さは日本にはありませんね。


独自!大高未貴 毎日新聞に公開質問状送る

2018年 (平成30年) 12月7日 イギリスのガーディアン紙 (The Guardian) が次のことを記事にしました。

このことに対し、大高未貴さんが毎日新聞に対して以下の質問状を毎日新聞に送りました。

はじめまして、私DHCテレビ『虎ノ門ニュース』で金曜日のコメンテーターを務めております大高未貴と申します。

12月21日の虎ノ門ニュースにて、
この度イギリスのガーディアン紙が
「Inside China’s audacious global propaganda campaign」
(2018年12月7日)
記事を掲載し、その中の図表で『発行部数660万部の毎日新聞が中国を良くする記事 (広告)が掲載されている』と説明しております。

記事の主な内容は、中国が国家戦略として世界各国に巨額の資金を投じ、中国共産党のプロパガンダを担うじゃーアリストの育成やプロパガンダまがいの記事を掲載させているといったものです。

具体的に毎日新聞がどのようなプロパガンダ記事 (広告) を中国から請け負ったのか、この記事だけではわからないので、以下の質問に答えていただければ幸いです。

  1. ガーディアン紙における毎日新聞に関する報道は事実なのでしょうか?
  2. 事実であるなら毎日新聞はどのようなプロパガンダ記事 (広告) を過去に掲載したのでしょうか?
  3. 事実でないなら毎日新聞はすでにガーディアン紙に抗議ならびに訂正を申し入れしているのでしょうか?
    又、それに対するガーディアン紙からの返答はありましたでしょうか?

#キツネのTweet ★拡散希望★




徹底追及!ファーウェイ問題


ファーウェイは中国共産党の手先?

ファーウェイ (Huawei ) :華為技術の表向きの顔としては約18万人の従業員が働いている中国の民間企業です。

その18万人の約1万人が中国共産党員だと言われています。

中国企業の中では、共産党員であることを公言することを隠す人が普通と言われています。

なせなら、共産党員であることを公言することで経営者に警戒されるからです。

それなのに、なぜこれほど多くの共産党員がファーウェイ Huawei で働いているのでしょうか?

ファーウェイの企業スタイル

その理由として考えられるのは、2つの顔を持っているからです。

1つ目の顔は【民間で経営している企業

2つ目の顔は【共産党で経営している企業

1987年 (昭和62年) ファーウェイ Huawei は創業しています。

これほど、急激に成長した背後には民間で経営している企業であると同時に、中国の国策として支援している共産党で経営している企業である可能性が非常に高いと考えられます。

ファーウェイ創業者である任正非

ファーウェイ Huawei の創業者である任正非 (じん せいひ) 氏とは一体どのような人物なのでしょうか?

任正非 (じん せいひ) 氏の経歴から考えても普通の人物ではないことがわかります。

なぜなら、中国の人民解放軍に入ったのは30代の時です。

体力を必要とする軍に30代になってから入隊するのは、普通の入隊とは違うことがわかります。

つまり、特別な人材、おそらくエンジニアなどで入隊を認めたと考えられます。

しかし、1978年 (昭和53年) 34歳の頃に除隊します。

一般的に言って、エンジニアとして入隊したならば、専門職に就くので一般的に考えて除隊しません。

つまり、この除隊はかなり不自然です。

では、なぜ除隊したのでしょうか?

石平さん
石平さん
民間企業を隠れ蓑にして、中国軍から特別な任務を与えられた可能性がある。

しかし、これは何の確証もない、あくまで、私が推測しているだけですわな。

任正非の娘である、孟晩舟

最近、カナダ司法当局に捕まった孟晩舟 (もう ばんしゅう) 氏は、任正非 (じん せいひ) 氏の娘です。

娘であるが故に何か、特別な極秘任務を託されていた可能性はあります。

それが証拠に、パスポート7つも持っていると報道されていたからです。

中国はパスポートコントロールが非常に厳しいと言われています。

そのため、中国共産党関係者でない限りそのようなことはできないはずです。

平成30年12月7日 (金)

中国ファーウェイ幹部拘束

中国製品が安く買えるのは人件費が安いだけではない!

以上の様な背景から考えて、ファーウェイ Huawei が軍や政府の情報機関と一切関係がないとは考えにくいです。

では一体、どのような関係を持っていることが考えられるでしょうか?

ここでポイントとなるのは、「中国は世界から技術を盗んでいる」ということです。

ココからは推測の話になります。

中国がサイバー攻撃などで、先端技術を盗みファーウェイ Huawei に与えている可能性があります。

その結果、ファーウェイ Huawei は技術開発の費用をかけることなく製品を作ることができます。

中国製品が安いのは人件費が安いからだけではない。

外国から技術を盗んでいるので、開発費が必要ないから。

ファーウェイの契約書にとんでもないことが書かれている!?

ファーウェイ Huawei は安く製品を売ることで、シェアを獲得していきました。

そうやって世界中に拡がったファーウェイ Huawei の商品には、何かしらの細工がされていると考えられます。

なぜなら、ファーウェイの契約書である≪Huawei端末のエンドユーザーソフトウェア使用許諾契約≫にはとんでもないことが書かれています。

6. データ利用に関する同意

6.1
当社のEMUIユーザー体験向上プログラムに参加して当社製品およびサービスの向上にご協力いただける場合、当社およびその関連会社/ライセンサは分析のためにユーザーの端末からデータを収集することができます。

収集されるデータとして、端末設定データ、アプリケーション統計データ、エラーログデータが含まれます。

全てのデータが匿名化されてから、収集および処理されます。

6.2
ユーザーの端末から収集された全てのデータは、ユーザーの居住国以外の国で処理されたり、ユーザーの居住国以外の国で当社およびその関連会社/ライセンサに転送される場合があります。

これは、ユーザーが当社製品およびサービスを利用している国以外の他の管轄地からデータの転送またはアクセスが可能であることを意味します。

これらの管轄地はデータ保護に関する法律が異なっていたり、当該法律が存在しない場合さえあります。

こうした場合、当社は全ての適用法または規制による要求に基づいて、同水準または十分な水準のデータ保護を保証します。

 大炎上したファーウェイの契約書

度々、契約書内の文章が変わっていると思われます。

実は、数年前はとんでもないことが書かれていたことから、ネットで炎上したことがありました。

それから、次の様に書き換えられた過去があります。

「ユーザーの端末からデータを収集・利用することに同意するものとします (技術情報に限るものではありません)。」

この前の炎上した文章は以下の文章だったと言われています。

「ユーザーの端末からデータを収集・利用することに同意するものとします (技術情報、連絡先情報、SMS/音声メッセージなどを含みますが、これらに限定されるものではありません)。」

あくまで、推測ですが「あなたの同意なしに全てのデータや情報を抜き取って、第三国へと転送します」と書いていることとあまり変わりません。

#キツネのTweet ★拡散希望★


張首晟の飛び降り自殺との因果関係

2018年 (平成30年) 12月1日 上海出身の中国系アメリカ人の張首晟 (ちょう しゅせい) 氏が飛び降り自殺をしています。

日本ではこのことについてほとんど報道されていません。

張首晟 (ちょう しゅせい) 氏は非常に優秀な物理学者であり「将来のノーベル賞候補」と言われるほどでした。

その優秀さを買われて2009年 (平成21年) 『千人計画』の1人に選ばれていました。

『千人計画』と『中国製造2025』

2015年 (平成27年) 5月 中国は『中国製造2025』を発表しました。

これは、先端技術を結集させて中国が世界をリードする製造業国になろうという計画です。

そのために、中国は世界を技術を集める手段として2つあります。

1つ目はサイバー攻撃などで、技術を盗むこと。

そして、2つ目が『千人計画』です。

この『千人計画』に選ばれた、張首晟 (ちょう しゅせい) 氏が亡くなりました。

しかも、亡くなった12月1日はカナダ司法当局によって孟晩舟 (もう ばんしゅう) が捕まった日です。

このことから、次のどちらかの可能性が考えられます。

 張首晟氏が自ら命を絶った

『千人計画』とはアメリカも警戒していました。

そのため、張首晟 (ちょう しゅせい) 氏はアメリカなどから拘束される危険性を感じ自殺したのかもしれません。

 張首晟が何者かに殺された

そして、もう1つの可能性は誰かによって殺された可能性も残されています。

もちろん、張首晟 (ちょう しゅせい) 氏を口封じするためです。

石平さん
石平さん
最近、孟晩舟さんは中国版Twitterである、weiboで非常に微妙ともとれる内容を呟きました。

「非常に安全で快適です。私は決して飛び降り自殺はいたしません。」

大高未貴さん
大高未貴さん
あ~、殺される前に先手を打ったんですね。
居島一平さん
居島一平さん
かえって、恐いですね。