水曜日

平成30年8月1日 (水) 井上和彦 × 藤井厳喜

平成30年8月1日 (水) 井上和彦 × 藤井厳喜

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

藤井厳喜さんお誕生日おめでとうございます


DHCテレビと長谷川幸洋氏を提訴 辛淑玉氏

【ニュース女子〜沖縄取材第2弾〜】#101

DHCテレビジョン側としては今後法廷の場ですべて明らかにしていきます

井上和彦さん
井上和彦さん
なぜ、訴える相手が長谷川さんなんですかね?

沖縄で取材して素材を持ち帰って、スタジオで展開したのはすべて私なんです。

 

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
私は、辛淑玉さんのコメントを読ませていただくと、9割くらいは賛成です。

何事も嘘はよくない、デマはよくない。

 

本来、このような問題は裁判に馴染みません。

この訴えた方は、よほど国家権力が好きなようです。

真実がどこにあるかが大事なのであって、司法にどちらが真実か決めてもらうものではありません。


北朝鮮 ICBM開発を継続 米紙報道

北朝鮮 日本の防衛白書原案を非難

北朝鮮はICBMを解体している? それとも、拡大している?

実は、6月12日シンガポールでの米朝首脳会談以降、北朝鮮がICBMについて正反対の情報がどちらもでてきます。

今回、ワシントンポストは拡大していると報道していますが、アンチトランプなので正直なところよくわからないというなのかもしれません。

アメリカとロシアの動向に注目!

米朝首脳会談の後に行われた、米ロ首脳会談で今後の世界の動向が決まってきたと言えるくらい大きな出来事として内容が見えてきました。

2017年7月17日

フィンランドのヘルシンキでトランプ大統領とプーチン大統領の首脳会談

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
この首脳会談は成功でした。

今後、米ロは協調していくことになります。

今のある国際秩序を尊重しながらやっていくんだという点では完全に一致しました。

 

核兵器のコントロールをどうやっていくか?

現在、世界の戦略核の9割を米ロが所有しています。

  1. 【NPTに批准する核保有国】
    • ロシア 2,668発
    • アメリカ 2,126発
    • フランス 300発
    • 中国 180発
    • イギリス 160発
  2. 【NPTに批准しない核保有国】
    • インド 60発
    • パキスタン 60発
    • 北朝鮮 10発以下
  3. 【核保有の疑いが強い国】
    • イスラエル 80発

今後、この世界に拡散した核兵器をどのように削減していくのか話合われました。

アメリカとロシアが抱えるお互いの地域問題

ロシアはアメリカに対し北朝鮮問題に加え、イラクや中東問題に対してもロシアはアメリカに協力する姿勢です。

では、その見返りとしてアメリカがロシアに協力することはあるのでしょうか?

それが、クリミアがウクライナからロシアに編入についてです。

2014年3月18日

ロシア、クリミア、セヴァストポリの3者が調印した条約に基づき、クリミアがウクライナからロシアに編入された。

 

現在では、世界各国はもちろんアメリカもこのことについてロシアを非難していますが、中長期的に認めるのではないかと考えられます。

ここで排除されるのが中国になります。

 

あのロシアゲートを作り上げた人たちはこの動きを嫌っていた?

アメリカの大統領選挙に関してロシアの関与があったとされるロシアゲートを作り上げた人たちは、リベラル派であり親中派です。

この米ロの協調を阻むためにいままでやってきたと考えられます。

トランプ大統領が北朝鮮問題を急がないわけとは?

実質、米ロが勝ち組で中国が負け組という図式が表面化してきました。

そこで、北朝鮮にとっていくら中国と仲良くしても未来はないとわかってるからです。

北朝鮮がICBMの開発を続けることは織り込み済みだった

そもそも、北朝鮮はICBMの『発射実験』を止めると言っただけで、『開発』を止めるといったわけではありません。

仮に、ICBMの問題が解決しても、化学兵器や大量破壊兵器の問題が残ります。

日本の脅威ってどこなの?

昔の防衛白書は薄いものでした。

しかも、中身を呼んでも具体的なことは書かおらず、ただ『脅威』とかかれているだけでどこの脅威なのかよくわかりませんでした。

そもそも、具体的な国を書けなかった現実がありました。

2007年(平成19年)1月9日 防衛庁から防衛省になったことをきっかけに、内容もかなり具体的になり分厚くなりました。

 

井上和彦さん
井上和彦さん
北朝鮮はこんな難しい日本の防衛白書の愛読者なんです。

 


伊の反移民政策を称賛 米大統領

イタリアの現在の政党の図式

イタリアのコンテ大統領は無所属です。

この無所属の大統領を支えているのが、イタリアの政党である【五つ星運動】と【同盟】です。

イタリアの政党【五つ星運動】

五つ星運動】のほとんどが大衆運動であり、専門家があまりいません。

いたとしても、福祉政策の専門家だったりして、いい人材がいないのが実情です。

イタリアの政党【同盟】

同盟】は少し前までは【五つ星運動】よく比べて支持率が低かったのですが、最近では支持率を上回っています。

この【同盟】の党首が現在は副首相を務めているマッテオ・ (Matteo) サルヴィーニ (Salvini) 氏です。

彼がイタリアの白人中心主義で有色人種差別の人たちを一掃しました。

そのため、アフリカから移民してきた人達や黒人から支持されています。

イタリアが抱える移民問題

イタリアが抱える移民問題はリビアから流れてくる不法移民です。

移民だからと言って、すべて受け入れるといってもこれらの移民の中には人身売買をやっているマフィアなども絡んでいます。

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
アメリカもイタリアも移民に反対しているのではなく、違法移民に反対しているのです。

 

現在【同盟】はリビアと協力して移民問題を取り組んでいます。

リビアとしてもマフィアが入ってくるのは困るのでお互いの協力体制が取れました。

アメリカが抱える移民問題

アメリカにとって違法移民が入ってきて困る国はメキシコです。

メキシコは7月1日に大統領選挙が行われ、12月1日に新大統領としてアンドレス・ ( Andrés ) マヌエル・ ( Manuel ) ロペス・ ( López ) オブラドール ( Obrador ) 氏が就任します。

しかし、彼はアンチトランプの勢いで当選したので、イタリアとリビアのような強力体制で違法移民問題に取り組むことは難しいとされています。



【藤井厳喜のフジイ伝記】
ロシアゲートの悪玉!? モラー特別捜査官

現在、ロバート・モラー (Robert Mueller) 特別捜査官は2016年のトランプ VS クリントン の2016年アメリカ合衆国大統領選にロシアの介入があった、いわゆるロシアゲートに関して自ら煙を立てている親玉として話題になっています。

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
この人は一言でいうと悪い人です。

 

モラー特別捜査官とアメリカの時代背景

2001年9月4日 ~ 2013年9月4日 モラー氏が第6代FBI長官だったころの大統領は次の2人でした。

ジョージ・ (George) W・ブッシュ (Walker Bush) 大統領
2001年1月20日 ~ 2009年1月20日

バラク・ (Barack) オバマ (Obama) 大統領
2009年1月20日 ~ 2017年1月20日

ブッシュ Jr. 大統領は共和党、オバマ大統領は民主党だったので、超党派でやっていける人物だと思っていました。

しかし、よく調べていくとかなり民主党に偏った人物の疑いが出てきました。

そのため現在の共和党のトランプ大統領をおとしめるために、わざわざロシアゲートを作り上げている疑いがあるとされています。

 

この事件はFBI長官に就任した直後に起きたので防げなかったことに対して責任はないのかもしれません。

ちなみに、ブッシュ Jr. 大統領も就任して8カ月後の事件だったので、アメリカのテロ事件はそれ以前から計画されていてもおかしくありません。

つまり、主犯のテロリストグループの対米の活動は民主党のビル・ (Bill) クリントン (Clinton) 大統領時代から行われていたことになります。

モラー特別捜査官はクリントン時代からアルカイーダと民主党の関係を隠したと批判を受けています。

フーマ・アベディン問題

フーマ・ (Huma) アベディン (Abedin) は20年にわたりヒラリー・ (Hillary) クリントン (Clinton) の一番の側近として働いていたイスラム系アメリカ人の女性です。

それと、同時に元ムスリム同胞団でもありました。

もし、ヒラリー・クリントンが大統領になると一番の側近が彼女になっていたことになります。

つまり、いかに民主党がイスラム系に食い込まれていたかがわかります。

FBIと2016年の大統領選挙

ピーター・ (Peter ) ストラック (Strzok) 氏はFBI捜査官です。

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
こいつも、モラーの子分みたいで、悪い奴です。

 

ちなみに、Google はピーター・ストラックのことをスパイだと言っています。

ピーター・ストラック

彼がいかにも民主党に有利な捜査をしていたかといえば次の2つがあります。

ロシアゲートの捏造

FBIが選挙に干渉して、トランプ大統領の当然を阻み、ヒラリーが当選するようにロシアゲートをでっちあげ捜査してた中心人物です。

ヒラリーのE-mail問題

ヒラリーが国務長官時代に、プライベートサーバーを使っていたE-mail問題についてです。

明らかな、法律違反をしていたにも関わらず、十分な捜査することなく無罪放免しています。

FBI顧問弁護士と謀略捜査

リサ・ペイジ ( Lisa Page ) 氏はFBIの顧問弁護士ですが、同時にピーター・ストラック氏と愛人関係であることが、7月の議会で証言しています。

この2人のやり取りのメールで
「We will stop him.」
という、文章が公に出てしまいました。

この意味は、「私たちFBIがトランプが大統領になることを阻止する」という意味です。

最初は、「Weはあくまでアメリカ国民の意味だ」などと、言っていましたが、司法取引をした上ですべての真意を証言したようです。

しかも、トランプ大統領が発言した
「モラー特別捜査官がやっていることは単なる魔女狩りである」
という内容に対して、確かにトランプ大統領の言う通り単なる魔女狩りにすぎないと彼女は認めたとされています。


裏口入学 立憲民主党の議員が関与か

吉田統彦 議員という政治家

愛知県 名古屋市の出身で比例東海ブロックから選出された当選2回目の衆議院議員です。

 

彼は、眼科医として医者でもあるから、今回の裏口入学の関与もあったのではないかと言われています。

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
彼の好きな言葉は「尽忠報国」だそうなので、ぜひご自身で証明していただきたい。

 

米大統領 イラン首脳会談に意欲

現在のイランの経済情勢

イランのハサン・ロウハーニー大統領の下で民衆の不満が募りつつあります。

その理由は、核合意によって制裁解除されたにも関わらず、経済はよくならないからです。

それに加えてイランの通貨はリアルが米ドルに対して一気値下がりしたことで、国民の生活は更に苦しくなっています。

イランの通貨リアルの暴落

結局は、現体制の上の人たちやイスラム教のお坊さんたちだけが私腹を肥やしているようです。

藤井厳喜さん
藤井厳喜さん
私のクルド系の知人の情報によると、政権がひっくり返る可能性もあると言っています。