火曜日

平成31年3月12日 (火) 百田尚樹 × KAZUYA

平成31年3月12日 (火) 百田尚樹 × KAZUY
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

日韓 14日に局長会談調整 応募工 仲裁委員会提案へ準備

日韓断交で困るのは韓国だけ

去年から続く様々な日韓での問題において、韓国は常に日本に対し強気の姿勢を見せてきます。

その中で「日韓断交」を叫ぶ声も聞こえますが、日本は韓国と断交しても大丈夫なのでしょうか?

日本と韓国の間で貿易も行われているので、日本が物資で困ることがあるのではないでしょうか?

百田尚樹さん
百田尚樹さん
韓国から輸入しないと困るということは日本にはありません。

しかし、韓国は別です。

韓国は日本から輸入しないと経済がストップするものが数多くあると言われています。

代表的なのはフッ化水素です。

なぜなら、韓国経済はサムスン電子で持っているようなものです。

しかし、このサムスン電子も日本からフッ化水素を輸入しないと成り立たなくなります。

大きく変化が起きるのは【日米韓】の軍事同盟

もし、本当に日本と韓国が断交すると、一番変わってくるのは軍事的なつながりだと考えられます。

現在、日本にとっての同盟国はアメリだけです。

韓国とは同盟国の関係ではありません。

しかし、アメリカと仲介することで間接的に韓国と同盟関係とを結んでいると言えます。

KAZUYさん
KAZUYさん
これからは、【日米韓】ではなく【日米間】でいいのではないでしょうか?

韓国と北朝鮮が統一は実現するのか?

朝鮮半島の専門家には次の様なことを危惧している人もいます。

それは、韓国と北朝鮮が統一もしくは軍事同盟を結ぶなどして、緊密な関係を持つことです。

それによって、日本にとっての脅威になる可能性があるからです。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
私の予想では韓国と北朝鮮が統一すると、金王朝の崩壊が早まります。
平成30年2月22日 (金)

強制徴用判決 韓国が勝つ


日弁連副会長に白承豪氏 外国籍で初

#キツネのTweet ★拡散希望★


白承豪は在日一世ではない

日本には在日韓国人や在日朝鮮人がいます。

その子供を在日二世、孫を在日三世などと、一般的に言われています。

これらの人々は長く日本に住んでいますが、国籍は日本ではありません。

そのため、今回副会長に選任された白承豪 (はく・しょうごう) 弁護士は在日韓国人であることは間違いありません。

しかし、二世や三世ではなく、韓国で生まれた後で来日しているため一世になります。


国会議員は帰化している事実を公表するべき

日本維新の会の足立 (あだち) 康史 (やすし) 衆議院議員は次の事を主張していました。

国会議員は日本人に帰化した事実があるならば公表するべき。

百田尚樹さん
百田尚樹さん
これは、なかなか鋭い意見だと思います。
KAZUYさん
KAZUYさん
むしろ、やるべきだと思います。

実際、オーストラリアではやっています。

日本の被選挙権が持つ欠点

日本で国会議員になるためには、日本国籍を持っていることが条件になります。

先日まで外国人だったとしても問題ありません。

立候補する時点で日本国籍を持っていれば被選挙権を持っていることになるのです。

つまり、今の日本の仕組みでは外国籍を持っていた人が当選し、与党の党首になれば内閣総理大臣になることだって制度上は可能なのです。


【火曜特集】
KAZUYAのパラオレポート

居島一平さん
居島一平さん
パラオにおける外国公館は、日本、アメリカ、台湾のみとなっております。

東京からパラオ

天皇陛下、パラオ政府主催の晩さん会でごあいさつ (2015/04/09)


パラオの外交問題

KAZUYさん
KAZUYさん
現地に行って聞いてみると、今の大統領だったら中国との関係は大丈夫だろうと言っていました。

しかし、現在でも中国は水面下で工作の手は入っているそうです。

パラオにある中華民国大使館

パラオは中国と国交は結んでいませんが、台湾と国交を結んでいます。

その大使館が置かれている場所は、なんとショッピングセンターの3階にあるそうです。

パラオのペリリュー島

パラオのペリリュー島では多くの日本人がペリリューの戦いで命を落としています。

そのため、パラオ人の墓地の一角に日本人の慰霊碑があります。

勇敢な兵士として伝説が残されている舩坂 (ふなさか) (ひろし) 氏もこの墓地に祀られています。

渋谷のスクランブル交差点にある大盛堂書店を開業されたのが、舩坂弘さんだそうです。

パラオの残された日本軍の足跡

当時、日本軍の弾薬庫だった場所が資料館として使われています。

他にも、海軍の司令部だったところが残されています。

そこには堅牢に作られた通信室があり、パラオにひどい台風がやってきた時現地の人が逃げ込んだこともあったそうです。

しかも、当時の物を残すために法律まで制定した、日本軍の戦車も残されています。

アメリカ軍の戦車も残っていますが、大きさを比べるとアメリカ軍の方が大きいことがわかります。

ペリリュー神社の石碑に刻まれたミニッツ提督の言葉

ペリリュー島にはペリリュー神社が建てられており、チェスター・ (Chester) ニミッツ (Nimitz) 提督の言葉が有名です。

【英文】石碑の表

TOURISTS FROM EVERY COUNTRY
WHO VISIT THIS ISLAND SHOULD
BE TOLD HOW COURAGEOUS AND
PATRIOTIC WERE THE JAPANESE
SOLDIERS WHO ALL DIED 
DEFENDING THIS ISLAND

PACIFIC FLEET COMMAND IN
CFIEF(USA) C.W.NIMITZ

【和文】石碑の裏

諸国から訪れる旅人たちよ
この島を守るために日本軍人が
いかに勇敢な愛国心をもって戦い
そして玉砕したかを伝えられよ

米太平洋艦隊司令長官
C.W.ニミッツ


日本とパラオの友好の象徴「日本・パラオ友好の橋」

多くの日本人が亡くなった慰霊碑には天皇陛下も訪れています。

写真にもあるような一見ジャングルのようですが、これでもまだ整備されている道だったそうです。

そして、そのもっと奥地に中川 (なかがわ) 州男 (くにお) 大佐が自決された洞窟があったそうです。

KAZUYさん
KAZUYさん
写真にある日の丸日本の国旗は私たちではなく、すでにあったものでした。
百田尚樹さん
百田尚樹さん
私は現地の人に聞いたことがあります。

いよいよ、アメリカ軍がやってくる時パラオ人は一緒に戦うつもりで日本軍のもとにやってきました。

しかし、日本人はパラオ人に罵声を浴びせ追い返しました。

そして、船に乗って去って行く時、遠くから手を振って見送ってくれたそうです。

つまり、現地の人を戦争で死なせたくないという思いから、あえてひどい言葉をかけたのです。

KAZUYAさんと一緒にパラオに行かれた神谷 (かみや) 宗幣 (そうへい) 議員のブログです。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です