金曜日

令和元年5月17日 (金) 武田邦彦 × 須田慎一郎

令和元年5月17日 (金) 武田邦彦 × 須田慎一郎
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

サウジ「タンカーが攻撃受けた」 イランは陰謀を牽制

アメリカとイランで戦争が勃発する可能性

アメリカとイランが一触即発ともいえる状態と言えます。

この事に関与しているアメリカの要人はジョン (John) ボルトン (Bolton) 国家安全保障問題担当大統領補佐官です。

ボルトン氏はジョージ (George) ・H・W・ブッシュ (Bush) 大統領の時に勃発した、イラク戦争時には国務次官補を務めて、戦争を指導していました。

武田邦彦さん
武田邦彦さん
あくまで私の推察です。

ボルトン氏はフセイン大統領が大量破壊兵器を持っていると虚偽と分かっていながら、その情報を流し国際世論を立ち上げたと思います。

トランプ大統領はボルトン氏を使って、イランとの交渉を成功させようと考えているのではないでしょうか?

そして、上手くいかなければ解雇して収束させるのではないでしょうか?

つまり、イランと戦争する気はまったくないと思います。

須田慎一郎さん
須田慎一郎さん
この動きは来年の大統領選挙のための、布石と考える必要があります。


米 中国6企業輸出禁止に イラン兵器開発を支援か?

イランの核施設はヨーロッパ企業であるウレンコ社の核施設

武田邦彦さん
武田邦彦さん
も元々、イランには核の技術はありません。

私がイランの核施設を写真だけで見た判断ですが、ウレンコ社の核施設です。

ウレンコ (Urenco) 社はヨーロッパの会社です。

仮に、これが真実だとするとヨーロッパ諸国がイランに核施設を提供したことになります。

もちろんその際、アメリカの同意があったと考えられます。

その結果、核武装し始めると制裁しようとしています。

つまり、完全なるマッチポンプだと言えるのです。

丸山穂高衆議院議員「戦争で島を取り返すことに賛成ですか?」

「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか反対ですか」維新・丸山議員の音声データ


「戦争で島を・・・」維新・丸山議員が謝罪1(2019/05/13)


「戦争で島を・・・」維新・丸山議員が謝罪2(2019/05/13)


丸山穂高議員の発言は議員辞職に値しない?

丸山穂高氏の発言をどのように受け取るかで見方が違ってきます。

更に、今回は日本維新の会が辞職勧告を促しています。

国民に選ばれた国会議員はこの発言だけで、国会議員に辞職を迫ることは本当に正しいのでしょうか?

武田邦彦さん
武田邦彦さん
今の日本人の多くは自分の意見が正しいと思っている人が多いように感じます。

そのような考えの人は中国に行ってくれと思います。

人間は自分と違う考えを言ってくれる人を嬉しいと思わないといけません。

丸山穂高議員の発言は議員辞職に値する?

今回の丸山穂高氏の発言は「言論の自由」ということで片付けていいのでしょうか?

仮に「言論の自由」の範疇内で収められるとしても、別の問題があります。

それは、国会議員としての発言ということです。

丸山穂高氏は国会議員であるため、憲法の遵守が義務付けられています。

須田慎一郎さん
須田慎一郎さん
つまり、今回の発言は憲法9条を無視して戦争をけしかけることになるのではないでしょうか?

本来ではその部分で話し合うべきです。

しかし、いきなり議員辞職勧告の動きは、臭いものに蓋をするかの様に見えます。


【虎ノ門サイエンス】
反日のサイエンス

武田邦彦さん
武田邦彦さん
日本には、サイエンスなのに反日が浸透しています。

その結果、日本人が苦しんでいます。

そこには、自由な議論を阻害している三大反日サイエンスがあります。

考古学・古代文化・歴史

人類の文化や文明はメソポタミヤ文明やエジプト文明が強調されます。

しかし、DNA鑑定が発達した現代において、気候なども考慮すると東南アジアが発祥の可能性が高いことがわかっています。

DNA鑑定が確立されていなかった時は、発掘することで歴史を辿っていました。

そのため、石の文化が発掘されている文明が人類の発祥と言われていました。

つまり、これはアジアを蔑視していると考えられます。

古代文明で日本が注目されない理由

日本で古代文明となると、縄文時代や弥生時代を連想する人が多いのではないでしょうか?

しかし、メソポタミヤ文明やエジプト文明のように語られることはありません。

その一番の理由は、考古学の研究は発掘が中心となるとため、石の文化が優先されます。

その点、日本は石をそこまで使わなかったので、古代の遺跡があまり残されていません。

縄文時代、日本人は海岸沿いで生活していました。

その後、水没が起き約100m下に沈んでいます。

つまり、100m下など誰も発掘しようとはしないため、誰にもわからないのです。

そのため、日本の古代の歴史を学ぼうとすると、木を使っていたことを無視しています。

その結果、石を使っている部分だけを学びます。

縄文時代の生活と稲作は日本独自である可能性が高い。

これは、日本を蔑視していると考えられる。

中世以降から近代に至るまでの歴史

過去、日本人は多くのポルトガル宣教師を殺害しました。

しかし、それによってポルトガルの軍隊が攻めて植民地化されることはありませんでした。

なぜなら、織田信長は当時のポルトガル軍より強かったからです。

そのことをポルトガル人が本土に伝えていたで、攻めてこなかったのです。

鎖国していたことにも注目できます。

日本が鎖国していたことについて、悪いように言う人がいます。

なぜなら、西洋文明が入ってくることができなかったため発達が遅れてからです。

しかし、鎖国をしなかったことで西洋文明が入ってきた国のことを考えるとどうでしょうか?

アジアの国のほとんどが、植民地になって今でも先進国の仲間入りを果たしていません。

ルイセンコ的科学

ウクライナ出身のソビエト連邦の生物学者かつ農学者で有名なのが、トロフィム (Trofim) ルイセンコ (Lysenko) です。

スターリン時代のソ連の科学を象徴するもので「共産主義の下で小麦を育てるとよく育つ」という考え方があります。

この考え方をターリンが支持し、政治的大成功を収めることができました。

この考え方は、中国や北朝鮮で農業に採用されたことによって、多大な被害が引き起こされました。

戦後の日本でルイセンコ論争が起こったこともありました。

このルイセンコ論争に至っては、屁理屈と政治的支持はありますが、実証された結果はありません。

自然科学【リサイクル】【温暖化】【持続性】

世界的に科学的結論に反する【リサイクル】をして、国力を弱めているのは日本だけ。

科学的に否定されている【温暖化】を認めその防止に国力を使っている。

ヨーロッパ人が【持続性】と言えば、みんな嘘をつくようになった日本社会。

武田邦彦さん
武田邦彦さん
20~30年くらい前に、私が国の委員会をやっていました。

その時、ある東大の教授が驚いたことを言っていました。

それは、私が主婦に意味のない分別をさせるのはかわいそうだと言うと。

「主婦や老人は暇だから、分別ぐらいさせとけばいい」と言っていました。

専門家の人達は庶民が騙せると思っている。

武田邦彦さん
武田邦彦さん
ある委員会のディスカッションをしていました。

その時の休憩時間トイレに行き、隣にきた人が私にこの様に言いました。

「武田先生、ここにいる人が誰も温暖化するなんて思っていません。でも、金が入るからいいじゃないですか。」

仮の結論

本来、サイエンスに反日などまったく関係ありません。

白人などの人種、学会、メディアが醸し出す空気がサイエンスを反日にしていると言えます。

日本をよくするためには「空気に負けないサイエンス」をする必要がある!

武田邦彦さん
武田邦彦さん
かつての日本人は誠実でした。

その証拠の1つとして、江戸時代は一般的に混浴がありました。

しかし、日本人の男性には不文律がありました。

その不文律とは「女の方を向かない」と言うことです。


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です