月曜日

平成31年2月11日 (月) 青山繁晴

平成31年2月11日 (月) 青山繁晴
虎ノ門ニュース ブログ 検索

国別で見る訪問者の数
虎ノ門ニュースは海外でも人気
国別で見る訪問者の割合
虎ノ門ニュースは海外でも人気

改憲は自衛隊員募集のため 安倍首相

安倍首相は改憲のため、新たな理由を持ち出したのか?

共同通信の記事で気になった表現が「新たな理由を持ち出した」と言う点です。

一見、客観的な報道の体裁をとっていますが、非常に感情的にも感じます。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
安倍首相の演説を私も聴いていました。

しかし、この様に切り取りがされるのかと知って、思わずのけぞりました。

安倍首相は改憲を諦めていない

今回の自由民主党の党大会で安倍 (あべ) 晋三 (しんぞう) 内閣総理大臣のお気持ちの中に憲法改正の意思を感じました。

しかし「自衛の措置を妨げない」の文言には触れられませんでした。

青山さんは1人の議員としては好きな発言をしても問題ないのかもしれません。

しかし、安倍首相は議員内閣制の中で行政責任があるため、個人的な意見を言えない立場でもあります。

自治体が憲法違反だから自衛隊の募集に協力しないという訳ではなく、

学者の中では今でも憲法9条における議論があるため、それを慮っていることは十分考えらえます。



陛下謝罪で慰安婦問題解決 韓国議長

韓国の国連議長である文喜相氏の発言から読み取れる感情とは?

韓国の国連議長を務める政治家である文喜相 (ムン・ヒサン) 氏が、今回の発言したことで多くの国民は怒り心頭しています。

しかし、このニュースに隠れていることを読み解かないといけません。

それは、あれほど反日国家になった韓国であっても、日本の天皇陛下に対してどれほど尊敬の念があるのかという点です。


「日本の尊厳と国益を守る会」と『アイヌ新法』

青山さんは、鬼木 (おにき) (まこと) 衆議院議員、長尾 (ながお) (たかし) 衆議院議員、山田 (やまだ) (ひろし) 参議銀議員の4人で「日本の尊厳と国益を守る会」を立ち上げています。

このメンバーで『アイヌ新法』について、考えが甘かった部分がありました。

アイヌ新法』は通常国会で提出されると思っていましたが、特に知らせはありませんでした。

知らせがないことは特別なことではありません。

そもそも『アイヌ新法』についての議論は内閣部会でやると思っていました。

しかし、国土交通部会で開かれていることを知らなかったのです。

全ての部会は同じ時間から開かれるので、全ての部会に出席することは不可能です。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
自由民主党参議院議員の議員総会の場で成立しそうな『アイヌ新法』に対して再考していただくようにお願いしてきました。

アイヌ人は日本における先住民と定義されていた

福田康夫内閣時代に、当時の町村 (まちむら) 信孝 (のぶたか) 官房長官がある定義付けをしたことがありました。

それは、アイヌの方々は日本の先住民族であったという内容です。

アイヌの人々に関しましては、政府はこれまでも、平成八年のウタリ対策のあり方に関する有識者懇談会報告書等を踏まえ、文化振興等に関する施策を推進してきたところであります。

ただいま採択された決議でも述べられているように、我が国が近代化する過程において、法的にはひとしく国民でありながらも差別され、貧窮を余儀なくされたアイヌの人々が多数に上ったという歴史的事実について、政府として改めてこれを厳粛に受けとめたいと思います。

また、政府としては、アイヌの人々が日本列島北部周辺、とりわけ北海道に先住し、独自の言語、宗教や文化の独自性を有する先住民族であるとの認識のもとに、先住民族の権利に関する国際連合宣言における関連条項を参照しつつ、これまでのアイヌ政策をさらに推進し、総合的な施策の確立に取り組む所存でございます。

アイヌの人々が民族としての名誉と尊厳を保持し、これを次世代へ継承していくことは、多様な価値観が共生し、活力ある社会を形成する共生社会を実現することに資するとの確信のもと、政府はこれからもアイヌ政策の推進に取り組む所存でございます。

『アイヌ新法』の危険性とは?

国連は日本に対して、先住民族であるアイヌ人を虐待したと認めろと言ってきています。

なぜなら、現在の国連の人権委員会は反日活動家にかなり影響されているという客観的現実があるからです。

アイヌ人という定義

今回『アイヌ新法』が成立しそうになっていることに至って問題なのは、アイヌ人という定義が確立されていないと言う点です。

アイヌの血をひく方々を法律で定義しないといけません。

しかし、今回の『アイヌ新法』にはその定義がありません。

つまり、誰でも簡単に名乗っただけでアイヌ人の血をひくことができる危険性があります。

そこにはどのような人間がそこに加わるかわかりません。

青山繁晴さん
青山繁晴さん
部会了承を経たとしても、議論が戻されたことがあります。

遅くなったとしても、議論のやり直しをしないといけません。

平成31年2月14日 (木) 有本香 × 竹田恒泰|虎ノ門ニュース【非公式】BLOG にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です